カテゴリ:パリ( 12 )

名古屋にも。

d0050285_23112935.jpg

仕事中、ステキな建物を見つけました。

出張で伏見から堀川まで歩いたところ。
端の袂に佇むオシャレな洋館。
何の建物だろう・・・?
たしか「○○画廊」とあったような・・・?
上の階はひょっとしてレストランとか?
気になる気になる!

出張という、すごく憂鬱な中で、
ほのかに潤った瞬間でした。
[PR]
by masaboom | 2006-02-13 23:16 | パリ

パリ旅行!パート11

d0050285_21201885.jpg

パリといえばオペラ座!
ちゃーーーん!ちゃかちゃかちゃーーーん!【Phanton Of The Opera】
この風景、映画をご覧になった方はお分かりでしょう。
オープニングでぼろぼろになったオペラ座に年老いたラウル。

最初、オペラ座を見たときは
d0050285_21242514.jpg

この風景でした。
圧倒されながらも「あれ?なんか違うな・・・?」というのが率直な感想。
そう、映画で見た階段がない!!というわけ。
次の日にツアーバスを待つ間にお散歩をして分かりました。

まずは正面で写真を撮って・・・と。
d0050285_21272066.jpg

如何ですか、この風景!
青空とオペラ通、そして正面にルーブル美術館を望みます。
実はこの写真、パリの街並みに魅入った初めての瞬間です。
この風景だけで、この街が好きになりました。

さて、正面から左に回ります。
d0050285_21321081.jpg

オペラ座の天使は楽器を奏でていました(*^_^*)
この演出がオシャレで良いんですよね!
素晴らしい!トレビヤン!

で、回ってきた先には・・・
d0050285_21334949.jpg

おおおおおおおおおお!
この建物は! やっぱりオペラ座だぁあああああ!
あの上で、
雪の中でラウルとクリスティーヌが・・・ その影でファントムが・・・!
頭の中で「Music Of Angel」がフルオーケストラで、鳴り止みませんでした。

時間の関係で今回は中に入れませんでした。
欲を言えば、中に入って舞踏会が開かれたホールが見たかった!
でも、コレだけでも充分です!堪能しました。
[PR]
by masaboom | 2005-09-08 21:45 | パリ

パリ旅行!パート10

d0050285_23155737.jpg

買物は興味なくても、一応日本人的パリ名物ということで
ギャラリエ・ラファイエット行きました。
ちゃんとプランタンも行ったよ! 三越は独自店舗で感動!
パリ高島屋もパリ松坂屋もテナント(?)なのでゲンナリ・・・(@_@。
一応、ぐるぐる回りました。
なんだ、日本の百貨店と変わんないじゃん、ってのが率直な感想。
「買物する為にパリへ」来る人の気がやっぱり知れなくなった瞬間。

こんなところで買い物する喜びよりも、
現地人に、一言でも挨拶を交わすことの方がよっぽど楽しい。
大きな声で「メルシー」って言えた時は一人で嬉しかったなぁ~(*^_^*)
まぁ、趣味の違いって事で一蹴されるんでしょうが。

-------------------------------------------------------------------------------------
ついにウチにもへんなの回ってきました。
Q1.小さい頃、何になりたかった?
  学者さん(考古学とか歴史学) 

Q2.その夢は叶ったか?
  まったく。なりたくもない(^^ゞ

Q3.現在の夢は?
  特にないなぁ~

Q4.宝くじで3億円当たったら?
  両家の親の住宅ローンを完済してあげて自分も一等地に土地買って地代だけで収益で暮らす。

Q5.あなたにとって夢のような世界とは?
  いつまでもガキだと思ってたけど結婚して海外旅行もしたり、妻のお腹に新しい命が。
  既に夢物語ですよ・・・。

Q6.昨晩見た夢は?
  しごと。

Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?
  みゅらん   ・・・忙しいけどがんば!いろいろ教えてヨ!
  闇さん    ・・・更新ヨロ!
  とっちゃん  ・・・更新(ry!
  るおさん   ・・・いつも見てます!タマにはごいっしょさせてくらはい!
  ゆーずたん ・・・早速コメントくれてありがと!

以上5人に回します。 よろしくーーw
[PR]
by masaboom | 2005-09-06 21:57 | パリ

パリ旅行!パート9

d0050285_21564013.jpg

アンヴァリッド内に展示されている砲身の持ち手(?)部分。
そこには様々な個性があって、王家の紋章を携えたものや
ガーゴイルの様な怪物を模した物、
そして写真のような恋人同士が抱擁している様。
戦場に赴く戦士たちの、想いを伝えているようです。
アンヴァリッドとはこんなところ
d0050285_2205164.jpg

このページには分かりやすく書いてあるなー
ムッシュTanjimaの個人的Paris案内
行く前に見たかったかも。

アンヴァリッドといえばドーム教会のナポレオンの棺が有名ですが
軍事博物館もなかなか楽しいかも。
ルイ王朝時代、ナポレオンの時代などの軍装などが展示してあって
見応えがあります。今回は少しの時間しか居られませんでした。
だって、その先のサン・シュルピス教会まで歩かなくちゃいけなかったんだモノ!
近くに「考える人」で有名なロダン美術館もありましたが今回は却下。
なぜか並んでいたのとサン・シュルピス教会まで(ry
まぁ、考える人についてはオルセー美術館で「地獄の扉(門だったかな?)」で
見れたので良しとしましょう。同じものだしネ。

いやはや、とにかく建造物と見晴しの良さ。
パリの街といえばそれはそれは見応えがありました。
d0050285_22103396.jpg

ドーム教会入口から通りを見渡します。
どーですか!?この素晴らしい完成された街並み!
至る所でこのような景色を見てその度に感激しておりました。
決して広い街ではないのだから、日本でもできるよね?
何が違うんだろう・・・。

私もカッコイイ家を造りたい!
[PR]
by masaboom | 2005-09-05 22:12 | パリ

パリ旅行!パート8

d0050285_20371892.jpg

モリエール広場。場所は我々が泊まったマルテ・オペラからまっすぐ南、
パレロワイヤルの西に位置します。
モリエールって・・・?
フランスに限らず、欧州には「広場」というものが多い。
何かって言うと有名人には「広場」
もぅ、日本人向けの歴史教科書には書いてないくらいの人物でも
やっぱり「広場」に像となって現れます。
政治の中枢であったり、革命や団体の集合場所であったり。
でも、しっかりと憩いの場である「公園」とは分け隔てられている。
ちゃんと「みんなで集まって」政治なんかを考えていたんだろうか。
いいなぁ、広場・・・。

ふと、政治といえば選挙を思い出しました。
選挙といえば政党。 アナタは自民党?民主党?あと。。何が出るんだ?w
皆さんは、政党を「政治家」なる議員集団が作って良いもんかとお思いですか?
民主主義であれば、そうではないですよね、普通。
正しい順序を言えば、
同じ思想や政治主義を持った人間が集まって政党ができて、
その中から「自分たちの考えを政治に反映させたい」と
政治家を選出させるわけですよ。
つまり、議員になってからアレコレ政党を変えたり、考えを変えたりするのは
絶対に個人のエゴ。許すまじき事態です。
そういう意味では許せるのは共産党だけか?w
しかし、共産党って「たしかな野党が必要です」って・・・
政党政治では与党になってナンボでしょ?
確かな野党って有り得ないんですけど・・・?w
まぁ、与党になりたくないなら投票するに値しませんね。やめましょう
あとは・・・ 子供に掛かる費用を考えると民主党頑張れってカンジ。

そもそも、税金が上がるってのは仕方がないんです。
もう、これ以上ツケを後世に回せないでしょう?
どの世代のツケか知らないけれど、とにかく国庫はパンク寸前ってかパンク状態。
それを何とかしなくちゃなんだから・・・
それを先送りする自民と、増税の覚悟を促す民主と言う意味では民主かな。
上げられるのはイヤだけど、それは個人的には覚悟してます。
あとは、それが「納得のいく増税」になってくれれば・・・。
[PR]
by masaboom | 2005-09-04 21:01 | パリ

パリ旅行!パート7

d0050285_1921116.jpg

ヴェルサイユ宮殿の名所【鏡の間】ヴェルサイユ条約が締結されたことで有名。
そこから庭園をぐるりと見渡せる。
整えられた庭園には「自然すら思いのままにする王」という意味が。
なるほどなるほど。

パリ到着翌日に早速ヴェルサイユ宮殿ツアーに。
それはそれで良かったのですが・・・
気になる日本人観光客一家が。
帰りのバスに乗るや否や高級ブランドショップの話。
中学生くらいの息子が新作がどうの、もう古いから新しいのが欲しいだの・・・。
それに対して大の大人こと両親はどうかといえば・・・、
アレにしなさい、それは私が買うのとか・・・
一家揃ってブランド買いあさり旅行ですか!?
解散場所のノボテルまでずーっとそんな話を聞かされて
なんだかムカムカしてきました。

高級ブランドを否定する気は毛頭ありませんが
金も稼げない小僧がどうのこうの言ってるの見るのホント腹が立つ。
それに親まで加わってあーでもない、こーでもないって・・・。
日本人が海外旅行に行って現地人からどう見えるのか。
それを具現化したのがあの家族ではなかろうか。
歴史ある建造物などはソコソコに、買物に勤しむその姿。
シャンゼリゼのブランド街にはやっぱり日本人溜りが。
私たち夫婦はあまり高級ブランドに興味がなく、
今回のパリも「花の都」を楽しむ旅でした。
高級ブランドを楽しむなら飛行機やらホテル代ケチって
百貨店でも行って買えば? 

良い物は、良い。
高級ブランドに限らずですが高級ブランドなら尚更。
でも、制服もまともに着れないガキどもに付けられると
そのブランド価値が台無しのような気がするよ。
ショップ側も、今や売れれば何でもありなのかな?
まぁ、好きにすれば良いけど・・・。
[PR]
by masaboom | 2005-09-03 19:39 | パリ

パリ旅行!パート6

d0050285_22541533.jpg

ムーラン・ド(・ラ)・ギャレット。
モンマルトルにある有名な風車。何に使われてた? さぁ・・・?(ぇ
行く途中には同名の偽者(失礼?)もある。

ちなみに同名のルノワールの名画がある。
それがこちら。
d0050285_2256786.jpg

義務教育を適当に済ませた人間なら誰でも見たことがあるはず。
これがパリのオルセー美術館にある。
この場面はモンマルトルのムーラン・ド・ラ・ギャレットというダンスホールの
日常を描いた作品という。
ああ、ダンスホールだったんだ・・・(^^ゞ

モンマルトルに絵描き(人)が多くて有名なテルトル広場。
それがこちら。
d0050285_2321926.jpg

ふむ、なんかルノワールの名画に似ているような・・・?
ホントに、異国情緒というか、賑やかな空気が自分を駆り立てるような、鬱陶しいような。
何人かに声を掛けられましたが、
言葉に自信がないのと、あんまり興味がなかったので辞めときました。
帰りに一緒だったジョウさん夫妻は「書いてもらったー」とご満悦。
それを聞いたからには「次回来た時には・・・」と意気が上がる。

ああ、モンマルトルなのにサクレ・クール寺院を書けなかった! ざんね~ん
まだまだパリの旅は続きますよ!

-----------------------------------------------------------------------------------
フランスはノルマンディーの名物酒 シードル!
りんごのシャンパンなのかな?なんていうんだろw 
すごく美味しいらしいのですが現地では体調不良の為飲めませんでした(T_T)/~~~

ノンアルコールのシードルもあるみたい!!
シャンパンのようなアップルジュース【ノンアルコールシードル】【0503アップ祭10】

こっちが本物のシードル
シードル・アルジュレット[2003] エリック・ボルドレ

シードルを2回蒸留したりんご焼酎?
ガイドさんも紹介していたが、「今回は(モンサンミッシェルを)登るので飲まないで下さい」と一言・・・(^^ゞ
グヨ カルヴァドス 700ml 40度
[PR]
by masaboom | 2005-08-30 23:08 | パリ

パリ旅行!パート5

d0050285_22114987.jpg

私たち夫婦がパリで宿をとった「マルテ・オペラ(Multe Opera)」
オペラ通から少し離れたところ、国立図書館の目の前で
落ち着いたところ。
JALパックの旅行で「オペラ地区指定」で当てられたホテルです。

d0050285_2213337.jpg

1階のロビー、小さいけど小さいなりに品があって嬉しい。
フロントのおにーさんもおねーさんも感じが良くて
英語がしゃべれて嬉しいわー 頼りになるわー(*^_^*)

d0050285_22194050.jpg

501号室が我々の部屋。まぁ、プチホテルだからこんなもんか。
でも布団もふかふかで気持ちいいし、よく聞く
「水が出ない」とか「いきなり止まった!」とかっていうトラブルもなく、
ホテルライフはそれなりに良かったと思います。
人に聞かれればまた泊まりたい、と躊躇なく言えますよ。
d0050285_2227974.jpg

部屋からの眺望。まぁ、プチホテルで(ry
街に住んでる!って気持ちがさらに異国情緒を駆り立てます。

d0050285_22273699.jpg

ホテルの隣にある「ラモー公園」
中心にある噴水が印象的・・・ってかコレでかっ!
ホントに、平地にしたらサッカーの自陣の半分くらいの広さ?もっと狭い?
だけど晴れた昼下がりには住民なのか、観光なのか、はたまた学生なのか・・・
たくさんの人で日陰は座るところが無いくらい!
でも、なかなか水(噴水)が出てるのを見たのはこの日だけでした・・・。
朝早くから夜まで遊んでたからだよね!?

このホテルは、とても立地状態が良いです。
・JALパックの支店が近いし→メトロのピラミッド駅に近い
・オペラ座に近い(三越とかプランタなど、百貨店に近い)
・国立図書館が目の前にあり、とても閑静な通り沿い
JALと関係なくても十分では? コテ・クリスもすぐ近くだし!
もっかい行きたいなー(●^o^●)

さてさて、まだパリ旅行は続きますよ!

-----------------------------------------------------------------------------------------

★★★ まさぶぅのお勧めおフランス商品! ★★★

シャンパンのようなアップルジュース【ノンアルコールシードル】【0503アップ祭10】


【ノンアルコールシードル】

ノルマンディーの名物酒、シードルのノンアルコール版。シャンパンのようなアップルジュース!?



-----------------------------------------------------------------------------------------
シードル・アルジュレット[2003] エリック・ボルドレ



シードル・アルジュレット[2003] エリック・ボルドレ

これがノルマンディーの名物酒である本物のシードル!飲みやすいお酒です! 

--------------------------------------------------------------------------------------------
グヨ カルヴァドス 700ml 40度



グヨ カルヴァドス 700ml 40度

シードルを2回蒸留したリンゴ焼酎!?40度以上もあるらしいです。ツアーガイドさんも紹介してましたが、今回は(モンサンミッシェルを)登るので飲まないで下さい」と一言・・・(^^ゞ

---------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by masaboom | 2005-08-29 22:39 | パリ

パリ旅行!パート4

d0050285_21443812.jpg

フランス料理といえばまずコレ。カタツムリ!?
とりあえず、間違いなくオマエは貝の仲間だろ!って味がしました・・・。

時は2005年7月30日(土)ていうか日本時間では31日未明のこと。
ココはフランスはパリ、オペラ通から少し東に入ったあたり。
d0050285_21515243.jpg

「コテ・クリス」というバー・レストラン。
パリに来て初めての食事ということもあり、
実は一番印象に残ってる食事でもありました。

正直、ガイド無しでフランス人と話したのはコレが最初。
英語が通じない、という印象だったのでめちゃめちゃドキドキ。
えぇっと・・・、店はココで良いんだっけ・・・?
ええっと・・・、入るときはなんて言うんだっけ?
えぇっと、コレ(ミールクーポン)見せるだけで良いんだろうか?
などなど、緊張しまくりでした。

しかし、お店のおねーさんは気さくで感じがよく、
全てお任せ状態。 いやー、快適だった。
なにより料理が美味しかったし。
フランス料理って上品で、ちょっとだけ乗ってるってイメージだったけど、
結構大皿、結構大盛り・・・ 満腹でした。

その他の料理は・・・ 一皿ずつ撮ってたから載せられませんw
どうかご勘弁を。

さてさて、まだまだパリは続きますよ!
-----------------------------------------------------------------------------------
フランスはノルマンディーの名物酒 シードル!
りんごのシャンパンなのかな?なんていうんだろw 
すごく美味しいらしいのですが現地では体調不良の為飲めませんでした(T_T)/~~~

ノンアルコールのシードルもあるみたい!!
シャンパンのようなアップルジュース【ノンアルコールシードル】【0503アップ祭10】

こっちが本物のシードル
シードル・アルジュレット[2003] エリック・ボルドレ

シードルを2回蒸留したりんご焼酎?
ガイドさんも紹介していたが、「今回は(モンサンミッシェルを)登るので飲まないで下さい」と一言・・・(^^ゞ
グヨ カルヴァドス 700ml 40度
[PR]
by masaboom | 2005-08-28 22:02 | パリ

パリ旅行!パート3

d0050285_22172244.jpg

青空のパリ、チェイルリー公園からルーブルのリシュリュー翼を望む。
その内部ずっと向こうに、かの女性「モナ・リザ」が微笑んでいる・・・。

どうも、ちょっと家事一般(手伝いではない)に慣れてきそうなまさぶぅです。
落ち着いてきたので久々にパリ旅行をご堪能頂きたいと思います。
皆さんもこれを読んでパリに行った気になってね!

上の写真は8月3日、帰国当日のパリです。
スキッと晴れて見事な観光日和でした。
「もう、帰国かぁ・・・」
なんてタメ息を付きながら
ホテルからひたすら南へ、
パレロワイヤル、ルーブルを横切りセーヌ川を渡ってオルセー美術館へ。
そこでしっかり美術を楽しんだ後、フラフラと右岸へ戻ってチェイルリー公園へ。
d0050285_22284821.jpg

オルセー美術館内。
元々パリ万博時に駅として建設された為、大きな時計が印象的。
鉄骨が露出しているが決して冷たい空間ではなく、光をふんだんに取り入れて
明るく、温かくてステキな美術館でした。

d0050285_22593357.jpg

セーヌ川からオルセー美術館。2つの大きな時計が特徴。
美術館内では、その時計から外の景色が見えます。
d0050285_2311384.jpg

東側の(上の画像奥)時計から見た風景。
左手にオペラ座こと「オペラ・ガルニエ」、右手奥にモンマルトルの丘にある
「サクレ・クール寺院」が見えます。個人的にはオルセーの見所のひとつ。

この日は14:30にホテル集合だったので観光はこのくらいでした。
でも、やっぱり青空だと気持ちいい!
ナゴヤみたいにジメジメじっとりじゃないし!

さて、まだまだパリ特集は続きますよ!
[PR]
by masaboom | 2005-08-26 23:24 | パリ